プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

自慢できる紹介はあんまりありませんが・・・

最近20代とお別れして、三十路という分かれ道を体験しております・・・。

毎日朝から晩まで一応頑張っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 3連休☆ 最終日は! | メイン | お菓子の日☆♪♪♪ »

2010年10月12日 (火)

二十四 1/2(ハーフ) 酉の刻

   会議場では、白熱した議論が終焉を迎えていた。

  各国の首脳が、世界の和平のために、

  あるいわ、わが国の利益のために、

  はたまた、自分の権力を守るためだけなのかもしれないが、

  とにかく、おのおの、何かのための、

  パフォーマンスを演じ終えようとしているのだ・・・ 


  「皆さん、今日は実りのある議論を交わせてよかった」

  大統領もまた、ホスト国首脳としてのパフォーマンスを演じる。


  「これより、場を移し、晩餐会を催したいと思います」

  大統領が各国首脳に呼びかけた。


  「おおー」

  少々こわばった顔をしていた首脳たちから、歓声があがった。


  「わが国の一流シェフが、腕によりをかけて作った料理をご堪能ください」


  この、大統領の言葉に今まで、張り詰めた空気が流れていた会場に

  今までと違う、おだやかな空気が流れだすのであった・・・


 
  ―― そして、一方・・・


  「よしっ、 完成だっ!  なんとか間に合った!!」

  ジャックが大きな声で叫んだ。


  「やったー!」   「よっしゃー!」   「ひゃっほー!!」

  室内のあちこちから、歓喜の声が上がった。


  ジャックは、笑顔でみんなの顔を見渡した。

  みんな、さっきまでは、険しい顔をしていたが、

  今は、この上ない喜びを全員で分かち合っている。


  ジャックトニーの方へ目を向けた。

  やはり、トニーの顔には、笑みは無かった。

  
  ジャックは、そんなトニーの方へ歩み寄って行った。

  
  「トニー、助かったよ。 お前がいなかったら、どうなっていたか分からない」
  
  ジャックは、トニーに感謝の念を述べた。


  「ああ、俺もみんなの役に立てて、嬉しいよ」

  そう話すトニーの顔には、やはり笑みは無い。


  「それより、喜んでばかりはいられないぞ。 まだ終わっちゃいない」

  トニーは、ジャックに言葉をかけた。


  「ああ、その通りだ」

  ジャックはそう言って、トニーのもとを離れた。


  「おい、みんな喜ぶのはひとまず中断だ! もう晩餐会が始まるぞ!」

  ジャックは、ひときわ大きな声を出して叫んだ。


  その声を期に、スタッフ全員が最後の仕上げに取り掛かった。

  
  そして、ジャックトニーもまた・・・

  それぞれの思いを胸に・・・


  
  


  ―― 大統領をはじめ、各国の首脳は、場を移し、

  晩餐会の会場へと集まっていた。


  中には、まだ、議論し足りないのか、熱く語っている者もいれば、

  もう完全にモードを切り替えて、すっかりくつろいでいる者、

  ただただ、黙って考え事をしている者など、

  各国の首脳らも、様々な態が見うけられる。


  「さあ、皆さん、料理を運んでまいりますよ」

  大統領が、各国首脳に呼びかけた。


  そして、つぎつぎと料理が会場へと、運びこまれる・・・

  ジャックは、また顔つきが険しくなっているトニーのことが、気になっていた。

  しかし、その胸の内を探っている余裕は、

  今のジャックには、無いのであった・・・


       つづく・・・

  

  


   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567141/28507103

二十四 1/2(ハーフ) 酉の刻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

おなか元気居酒屋 まんまる のサービス一覧

おなか元気居酒屋 まんまる